もう歳かな

アキレス腱周囲炎で歩きにくくなってきた。注射をすれば1週間くらいは痛みは消えるが、少しずつ痛みが始まり、1ヶ月もすれば元の状態に戻ってしまう。根本的な治療は無いのだろうか。そろそろ仕事も辞め時なのだろうか。

看病で病室からほとんど出ずに10ヶ月間を過ごした。カアさんの葬儀のあとは、半年間ほとんど何もしないで、寝て過ごした。少し気持ちが危険になり、体重も増えて息苦しさも出てきた。精神神経科を進められ、診療の予約は取ったものの、受診はしなかった。高齢者でも受け入れる会社があり、気持ちの切り替えにもと通うようになったが、毎日の駐車場から会社への歩きや、仕事中の行動がアキレス腱への負担を強くしたらしい。もう1年半もこうした痛みが続いてる。

今日は仕事が早く終了して、時間稼ぎにパートの人達と話をしながら過ごした。何とか今年は仕事を続け、出来れば来年も働きながら、チャンスがあれば福祉の勉強もしたいと話した。そしたら、福祉で働くよりも福祉を受ける歳じゃ無いかと言われてしまった。その人の母親は、厳格でうるさかった夫が亡くなり、ノンビリ出来るかと思ったら逆に不安定な精神状態になってしまったそうだ。デイサービスや福祉センターに行くようになって元気になってきたという。しかも、福祉センターに行き始めたのが今の自分と同じ歳らしい。確かに今年65歳になった。福祉関係のボランティア、特にターミナルケアに関するボランティアに参加したいというのは、もう無理なのだろうか。

やりたい事や、しなければならない事はたくさん有るが、結局は思うだけで思い通りに動けないものらしい。こうして歳を無駄に重ね、死の直前になって悔いを残すものなのだろう。人はいつかは死ぬ。しかし、自分だけはいつまでも生き続けられると勘違いをしてるようだ。

カテゴリー: 日々の生活で パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です