庭の雑草

梅雨の季節になり、やがて暑い夏になる。この季節になると、いつも問題は庭や周辺の雑草をどうするかという事が起きる。雑草は処理をしなければならないが、一人で処理をするにはいささか広い。毎年のように、カアさんが元気だった頃には庭師や植木職人や農家の人を頼んでいた。

庭師はそれなりに頑張ってくれるが、やはり一人では限界があった。はっきり言って値段も高かった。植木職人はさらに高くて、話ばかりしてほとんど仕事などしない。若い職人に任せて、親方は講釈ばかりで結局半分以上も残したままだった。農家の人はよく頑張ってくれたが、根こそぎ抜き取った雑草は、そのまま残して庭の端に置いたままで帰ってしまう。

去年はどのようにしたのか覚えていない。毎年植木屋さんからはハガキが来るが、とうてい頼めるような金額では無い。で、今年からは自分で何とかしなければと思うのだが、庭いじりなど嫌いで、何もした事が無い。

あまりの酷さに、近所の人が塀の外側は時々抜いてるらしい。それに頼ってばかりいられないし・・・、どうしたものかな。一応は草刈り機もあるのだが、刈った後の処理も意外と大変で、切った枝もそのままになったままだし・・・。

なまじ庭など有ると、何とも面倒な事だ。

カテゴリー: 日々の生活で パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です