孫の顔が・・・似てて

水曜日から会社は休んでいる。下痢になり、ノロウイルスかもということで休んだのだが、三日間続いた夜間だけの下痢は、乳幼児に起きる下痢のようだ。

土曜日に孫に会い、その時に少し下痢気味だった。改めて抱かされると、まだ2週間目だったが、宇宙人のような顔の中に、うっすらと目を開けると、カアさんに似ていた。かなりショックを受けた。もちろん生まれ変わりなどとは考えていないが、あまりにも似てると、様々な事が思い起こされて、あの病室での長い時間が思い起こされてきた。

いつも気が強く、喧嘩ばかりだったが、手を合わせて「ごめんなさい」という、あの姿が、体を摩ったときの温もりが甦ってきた。生まれてわずかな孫の母乳の匂いが、カアさんの入院中の体の匂いの様に感じてきた。

あれ以来、何となく気が滅入っていた。免疫力が低下したのだろう。2歳のチーが保育園から持ってきたのだろうが、チーは何ともない。下の子が下痢になり、それが自分に移ったのだろう。大人が発症するような病気ではないが、免疫力の低下で発症したのだろう。

明日からはまた仕事が始まる。何とか頑張らなければ。目標は来年いっぱいまで働きたいが、現状では・・・カアさんの顔が頭から離れない。こんな状況はいつまで続くのだろうか。何を目標に生きればいいのだろうか。生きていて、何が良いのだろうか。来年が過ぎ、再来年になったら何がしたいのだろう。

カテゴリー: 日々の生活で, 生活の不安 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です