夜間の咳で

昨日はハローワークで紹介を受けて、面接に行ってきた。まさかその影響ではないだろうが、夜中から喉が痛み熱が出て汗が出て来た。2回も着替え、夜中に洗濯機を2回も回した。朝早くからコインランドリーに乾燥に持っていった。

夜間の激しい咳込みで、もう少し歳を取っていたら、あるいは肺炎を併発して死ぬのではないかと思われた。こうして年寄りの孤独死は起きるのだろう。娘が近くに越してくるようにと言ってるが、近くで孤独死になったら余計に悲しませてしまう。ある程度の事はし終わった感がある。死ぬ事は恐ろしくはないが、子供達の事を考えれば、いつまでも此所で一人で暮らした方が良いのかも知れない。一人暮らしは面倒な事が多いが。

外で雑草を抜いてれば、近くの人が来て話し相手に成ってくれる。皆が一人暮らしになった事を気遣ってるそうだ。みな歳をとり、やがては一人暮らしになる。まあ、近所の人達は子供と暮らすとか、近くに住まわせているので、自分ほどの心配はないだろうが。

親が一人に成る事は、いつかは誰もが経験する事なので、特に子供は案ずる必要はない。なまじいつまでも生かされている方が迷惑な事だ。

カテゴリー: 日々の生活で, 生活の不安 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です