電子レンジ圧力鍋を試す

今回は「電子レンジ圧力鍋」を試してみた。前回はiwakiレンジココットを使って、少しの量(9個)を冷凍から食べられるようにした。

iwakiレンジココットの場合は、600wで5分だった。同じ電子レンジといっても、こちらは圧力鍋なので、通常の圧力鍋の場合は3分の1程度の時間で出来るので、600w3分でやってみた。

結果は、蒸すというよりも解凍をしたというくらいのもので、かちんかちんに冷凍されていた12個が、解凍された状態に成っていただけだった。いくらか生の状態で、蒸気などは全く出てなかった。で、更に5分間600wでセットした。蒸気は出てないが、安全弁のポッチは少し上がっていた。


蒸気も出て、充分に加熱もされてたが、大さじ2杯程度の水は熱湯の方が良かったかも。

電子レンジでの加熱で、解凍も出来、食材への加熱もされていた。食べるには良いのだが、シューマイの皮の縁が、写真で見ても分かるように、水分が無く固かった。

蒸し料理は、煮炊きするのよりも蒸気が微妙に味に関係するので、蒸し器で蒸した方が良かったかも。味としては、時間も掛かるが、はるかに美味い。電子レンジ圧力鍋よりも、iwakiレンジココットの方が美味かったかな。

カテゴリー: 一人で料理 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です