冷凍シューマイを作る

レンジココットで蒸す冷凍シューマイを作り、iwakiレンジココットで必要量だけ蒸す事ができるか、試してみた。レンジは、600wで5分。出来た。

実際には、作ったものの食欲が無くなったので、全て冷凍したものだ。1回の食事量に応じて解凍し、即食べられれば便利だ。特に、iwakiレンジココットの場合、蒸した物をその容器ごと食卓に出せる。

実際、意外とシューマイの場合は上手く行った。今後は餃子や、煮物も試して見たい。今回は一応、シューマイについて。

シューマイ作り方は簡単。フードプロセッサー(あじの里)を使うので、アッという間に出来てしまう。今回は冷凍庫の残り挽肉と、冷蔵庫横に置いたままのタマネギを使った。

挽肉が200g弱(生姜汁・酒、各小さじ1を混ぜる)、タマネギが小さいの4個(フードプロセッサーで刻んで、挽肉の倍くらいの量)、片栗粉大さじ4、良くかき混ぜるが水っぽかったので、更に「お好み焼き粉」が残っていたので大さじ2杯くらい入れた。

味付けは、砂糖が小さじ1、塩が小さじ半分。通常はこれ以上の味付けはしないのだが、今回は顆粒の「貝柱のダシ」を小さじ1くらいを入れた。味が少し濃かったかも知れない。いつも適当なのだが、味としては美味かった。

冷凍されたシューマイ一晩冷凍にした。写真の通り、詰め過ぎたので、横と張り付いてしまった。下には片栗粉を敷いて置いたが、容器が小さかったので・・・、と言う前にもう少し考えるべきだった。

500wで5分間、iwakiレンジココットのスノコの下に大さじ2杯の水を入れた。食べて美味かったので、たぶんこれで大丈夫だと思う。電子レンジでの調理に関しては、何度か試してカンを掴まなければならない。でも、余り厳格に考える事はないと思う。市販のレシピ本には詳しく書いてあるが、今回のように適当にやっても、何となく出来てしまう。ダメならもう少し時間を延ばせば良いだけの事。

カテゴリー: 一人で料理 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です