唐辛子味噌とスダチ

土曜日に忘れたという帽子を
、娘が一人で取りに来た。今日は義母も仕事が無くて、ずっと家に居るとか。お腹が大きく張り出して、ユックリと横になりたいらしく、帽子を理由にプチ家出の続きなのか、6時間ほど戻ってきた。

妹からの頂き物である西洋カボチャを煮たが、日本カボチャと違い、美味くない。持ち帰らせようとしたが、要らないとは。そこで、カボチャと一緒に持ってきた「日光唐辛子」を使って、唐辛子味噌を造った。


材料は一袋半くらいの日光唐辛子をフードプロセッサーにかける。庭に出来てるスダチも使った。唐辛子とスダチをフードプロセッサーにかけると、柚胡椒のように美味しいと娘が言ってた。なので、今回はスダチを7個程度、汁を搾ってから、皮を刻んでフードプロセッサーに一緒に入れた。

これを、今回はごま油で炒めて、緑が強く出たら、白味噌400g・砂糖400g・ミリン50cc・酒50ccを加えて練りながら、火に掛ける。中火でユックリとかき混ぜ、ネットリしたら、スダチの絞り汁を加えて、再びネットリとするまで弱火に掛ける。

この唐辛子味噌を、ほとんど味の無いカボチャに付けて食べた。これが意外と美味い。今までのと違い、スダチを入れると、香りが一層良くなった。コンニャクとか豆腐とか、味の淡泊なものには何にでも使える。面倒なら、これを出し汁で緩めて、ナス炒めにも使える。

味噌は冷凍にしても固くならないので、一人暮らしには便利な食材だ。一応火を通しておけば、冷えてから冷凍も出来る。今回作ったのは、自分用というよりも娘の為だ。ヤマトイモのスリおろしを5本分、小分けにして冷凍した。ダシ汁を加えてトロロ汁にも出来る。群馬のヤマトイモはかなり濃いので、解凍して揚げ物や焼き物にも使える。他に「揖保の糸」や、スダチ、ヤマトイモのスリおろし後に味付けて焼いた物も持たせた。

一人では何もする気に成れないが、お腹が張り出て苦しそうに横になってる姿を見ると、カアさんならどうするだろうかと考えてしまう。こんなくだらない事でも、少しでも役に立てたのかもと、何となく嬉しい。

カテゴリー: 一人で料理, 日々の生活で パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です