牛すじは便利

余り知られていないのが、群馬の牛の生産のようだ。

宮城村の宮城牛や赤城牛は、ブランド牛としても有名なようだ。確か赤城の富士見村で仔牛を取り、各地で育てて、各地独特の食肉牛に育っていきます。

ブランド牛の中でも、等級の高い物は確かに美味いが、効果で日常的に消費できないという欠点がある。こういう時には牛すじが一番だ。

和牛の、特に群馬牛の牛すじは味も良いし、価格としても高価でもない。一度茹でて周囲の脂を取り除き、適当な大きさに切って冷凍保存しておく。冷凍にするとどのくらい保存が利くのかは分からないが、半年以上も経った牛すじでカレーを作ったが、何ら問題はなかった。

言うまでもない事だが、圧力鍋が有ると、牛すじの料理は簡単に成ります。時間的には3割以下の時間で、自然冷却をさせれば、味も充分に染み込みます。

カテゴリー: 群馬の食材 タグ: , パーマリンク