日本温泉地域学会入会

日本温泉地域学会」に入会申込書を送った。同時にゆうちょ銀行のネットから、入会金を振り込んだ。

温泉が好きで、その温泉を守ってきた歴史のある温泉地が好きだ。特に海側よりも山の方が好きだ。山が好きという事は、多少は気分が落ち込んでいるせいもあるのかな。

朝早くから起きて外食で腹を満たして、簡単に1週間分の掃除を済ませたが、何故か心が落ち着かない。約2ヶ月間おきに2~3泊程度で出かけてるが、この家の中にいる事が苦痛に感じてきてる。これもPTSDという事なのだろうか。

温泉を楽しみ、温泉地の歴史を調べる時に、今は一番気持ちが落ち着く。温泉ソムリエマスター・温泉入浴指導員・温泉観光士などの講習会を受けたが、『温泉ソムリエテキスト』と、石川先生の『温泉法則』・『本物の名湯ベスト100』を開いてる時が心が和む。群馬には忘れられたような、鄙びた静かな温泉地がある。そういう温泉地の歴史を調べ、泉質を調べ、温泉を楽しみたい。より深く温泉地を調べるためにも、各分野での専門家集団である「日本温泉地域学会」に所属したい。

2月の熱海での、「温シェルジェ&温泉観光士」の講習会が待ち遠しい。少し早く熱海入りして、「熱海七湯」を見学した。

カテゴリー: 日々の生活で, 温泉 | タグ: , , , , , | コメントする

飲みすぎで頭痛

 夕べは職場主任の還暦祝いで、駅前の魚民で小グループの飲み会をした。やはり女性ばかりとなると、話に夢中で飲まないようだ。もう一人男性がいたのだが、遠慮してるのか飲まなかった。けっこう仲の良い人が隣で、一緒になって飲んだは良いが、飲み過ぎた。

 割り勘という事になっていたが端数が細かくなり、4,000円会費にしてカードで支払った。今朝見たら久し振りによく飲んでしまった。ビールを数杯とカクテルとサワー、最後はウイスキーを大分飲んだようだ。なんか、格好いい所を見せながら、実は自分が一番飲んでいたとは。

 頭が痛いが、熱い風呂に入り目を覚まして、掃除もしなければ。ここ数日の上州名物空っ風が強く、家の中がジャリジャリしてきた。

カテゴリー: 日々の生活で | コメントする

温シェルジェ&温泉観光士養成講座

時間湯 草津「温泉観光士」の講座が素晴らしかった。他の講座に比べ、専門的すぎる所も有るが、小雨の中だったが、草津温泉の特徴など実際に現場を歩きながらの説明は特に良かった。帰ってから石川先生の『温泉法則』や、『温泉ソムリエテキスト』中の先生の書かれた所を読んだ。もう一度温泉観光士の講座を受けたいと、温シェルジェ&温泉観光士養成講座の受講申込をした。

 この申込はnetで振込手続きをしたのだが、カタカナ表示が違っていたとかで、けっきょく木曜日に会社を早退して桐信まで行き、相違書に正式な表示を書いた。月曜日には実行されるだろうし、その頃には申込ハガキも着くだろう。振込先が長いのも問題だ。何よりも担当責任者に問い合わせても通じないし、ショートメールを送っても返事が返ってこなかった。桐信担当者に静岡銀行に問い合わせて口座名のカタカナ表示の確認をしてもらったのだが、桐信まで行けばネット振込よりも相違書を書いた方が早い。草津町の場合は細かい問合せにも速やかに適切な対応を受けたが、さすが天下の熱海温泉は違うと、変な納得をしてしまった。

続きを読む

カテゴリー: 日々の生活で, 温泉 | タグ: | コメントする

一日中雨でウンザリ

 今日はまだ雨が止まない。霧積温泉金湯館に行ってみたかったのに・・・。タイヤがかなりすり減ってるので、この雨では無理もできない。

 金湯館の泉質はカルシウムー硫酸塩泉という事だが、細かい泡も付くらしい。川古温泉浜屋旅館内湯や姉妹館の峰旅館もナトリウム・カルシウムー硫酸塩泉だったが、細かな泡が出てきた。炭酸イオンも含まれているのだろうか。気になるが・・・行けない。

 あ~あ、早朝から熱海の宿を検索してるが、熱海は高いなあ。2月の熱海「温シェルジェ・温泉観光士」に行ってみたいが、3泊となると宿泊費が高すぎる。素泊まりの民宿も考えてるが、近くで外食しても結構高い。これが有名温泉地価格なのかも。せっかくの熱海なら、多くの源泉を見て回りたいし、昔からの源泉を味わいたい。・・・、贅沢かな。

 温泉地に行くのは、こういう悩みも楽しいモノだ。

カテゴリー: 日々の生活で, 温泉, 群馬の温泉 | コメントする

家、温泉

台風が近づいてるので、何処にも行けない。昨日は土曜なのに仕事で、今日は本当に疲れて昼過ぎまで寝てた。仕方ない、今夜はバブの白濁の湯に入る。

去年、風呂周りの片付けと掃除をしていたら、大量のバブと風呂に入れると癌予防になるというこんな石が出てきた。捨ててしまったのに、まだ他にも買ってたらしい。何となく使う気にも成れない。

続きを読む

カテゴリー: スマホから, 日々の生活で | コメントする

テスト

スマホ投稿テスト

カテゴリー: スマホから | コメントする

カプセルホテルの予約

12月にじゃらんで1泊の予約をしたのだが、もう少しゆっくりとしたいので、改めてキャビンタイプの部屋で2泊にした。部屋というのかな、あの鍵の無いアコーディオンカーテンで仕切られた狭い空間は。

東京へ行くくらいは大した旅でも無いが、家から離れて自分の思いのままに時間を過ごすのが、この歳に成っても何故かワクワクする。

蒲田駅近くのカプセルイン蒲田、ここが妙に気に入ってしまった。裏には怖いようなドキドキ感のある繁華街があり、前には公園のような樹木に囲まれた「松竹映画発祥の地」、いまはコンサート会場になっているのかな、田舎では考えられないほどの大きな建物だが、朝の散歩にも向いている。

蒲田は東京の温泉では、個性的なモール泉という真っ黒な冷鉱泉で有名な所でもある。蒲田温泉の銭湯巡りも、癖になるような楽しさがある。銭湯を何軒かハシゴをして、何となく気に入った店で食事をしながらビールを飲み、狭いカプセルホテルの部屋に戻る。こんなつまらない事に、妙な旅情を感じて嬉しくなる。

カテゴリー: 日々の生活で | コメントする

石川理夫との記念写真

草津「温泉観光士」を受講した。石川理夫先生の『温泉♨法則』にサインをいただいた。

「ずいぶん懐かしい本ですね」とおっしゃったが、確かにこれは2004年の発行だから、13年前のものだ。もちろん最新刊の『本物の名湯ベスト100』も読んだ。他の方の温泉に関する著作と比べ、先生の、特に『温泉♨法則』は、温泉と温泉地に関しての愛情のようなものを強く感じられる。

ツーショット写真、大事にしなければ。
写真

カテゴリー: 温泉 | タグ: , , | コメントする

温泉観光士の申込をした

今年は草津温泉が楽しみだ。6月の温泉ソムリエ認定セミナーに続き、10月には温泉観光士の講習もある。草津町役場で、参加者募集が出たので、当然直ぐに申込者と現金を現金封筒で送った。

この歳では最も無駄な事かもしれない。温泉に関しての資格を取った所で、使う事は全く無いだろう。もっとも、電気工事士にしても調理師にしても、その他の各種資格も使う事はあり得ない。何に付けても、趣味と行ってしまえば趣味なのだが。

続きを読む

カテゴリー: 日々の生活で, 草津温泉 | タグ: , , , , , , | コメントする

独居老人

町会総会が金曜の夜にあった。役員の年度替わりで改選があり、その顔合わせで育必要も無かった様だ。久しぶりに会う皆は、いつものメンバーなのだが、もう70代になっていた。あまりメンバーの交代が無いと思うと共に、相変わらず元気なのには驚いた。何よりも、皆夫婦共に元気で過ごしていた事に羨ましさも感じた。例え煩がられても夫婦共に過ごし、子供と同居できることは良い事だ。

 

一人だけ同じような境遇の人が居る。酔いが回ってから、「寂しいだろう」などと聞かれた。「自由で良い」などと強がりを言ったが、寂しさと不安は日毎に大きく成っていくというのが実感だ。少しずつ体力が衰え、頭で考えるほど体の動きがついて行かず、経済的な不安も実感として大きく成っていく。

カテゴリー: 生活の不安 | タグ: , , | コメントする